ウェグナーのザ・チェアを作る小さな工房

ウェグナーのザ・チェアを作る小さな工房

ウェグナーのザ・チェアを作る小さな工房

北欧のモダン・デザインを象徴する椅子ひとつ置くことで空間コーディネートは変わってきますが、それほどの存在感を持つのは、やはり実績のあるデザイナーの作品だからでしょう。

傑作といわれる椅子を残した著名なデザイナーのなかには故人となっている人も多いのですが、傑作の椅子は芸術品ではなく工業製品なので、当時と変わらぬ形のまま、現在も販売されています。

たとえば、ウェグナーの代表作、ザ・チェアを製造販売しているのはPPモブラーという、現在でもマニュファクチュアの小さな会社です。

1953年、デンマークの家具職人兄弟、アイナー・ベダーセンとラース・ベダー・ベダーセンの2人がノシュランのアレルドという待ちに拠点を持ったことから始まり、1960年に早くもハンス・J・ウェグナーと交流が持たれています。

ウェグナーの作品はどれも熟練の技を必要とする作品。

とくにザ・チェアは背凭れやアームレスト部分の曲線、さらにそれらをつなぎあわせるフィンガージョイントの美しさこそ特徴と言われているだけに、この工房が作り続けている技術は他で真似のできないもの。

日本の代理店から注文すると、完成までに約4~5ヶ月を要するといいます。価格も高いけれど、待つ価値は十分にあるでしょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional